クリエイターパソコン搭載CPU性能一覧表毎日更新! 新モデルも即反映 最終更新日時:2022/08/08 00:43
当サイト掲載中クリエイターパソコンに搭載されたCPUの性能値順一覧表です。
名称をクリックすると、該当CPUを搭載したクリエイターパソコンを検索できます。
名称動作クロックコア数性能値価格帯掲載件数
名称(型番)
CPUメーカーによってつけられた型番です。
一般にCore i【7】-【6700】K、Xeon E【E5】-【2630】 v【3] の名称で【】内の数字が大きくなるほど、高性能CPUとなります。
Core i3-7シリーズはホームユース用の上位CPUでコストパフォーマンスに優れています。
Xeonシリーズは、処理速度あたりのコストは高くなりますが、安定性・信頼性が非常に高い構成が実現可能でサーバー・ワークステーション用途などのプロユース向けCPUです。
Core iシリーズとの大きな違いははマルチCPU(×2表記)の搭載が可能な点(複数搭載モデルは並列処理時の処理速度が大幅に向上します)。及び、ECCメモリが搭載可能な点(ECCメモリはメモリ上でエラーが発生した場合それを検出・修正し、より正確な値を計算可能)となります。
動作クロック
CPUの処理速度を示し、数字が大きくなるほど高性能CPUとなります。
クロックに比例し消費電力もあがっていく傾向があり、近年は省電力低クロックマルチコアが主流です。
コア数
CPUの並列処理能力を示し、数字が大きくなるほど高性能CPUとなります。
3D系クリエイターアプリケーションは並列処理に最適化されたアプリケーションが多数のため
コア数の上昇=処理速度の上昇に繋がるケースが大きくなります。
性能値
ベンチマークソフトの統計情報から算出した、性能値です。
上位CPU「Intel Core-i9 9900X (3.5GHz/10コア)」を10とした値を掲載しています。
単純に性能値2倍=体感速度2倍ではありませんが、全ての処理時間に影響してくる項目です。
※マルチCPUの場合、動作アプリケーションによって大きく性能値への貢献度が変わってくるため、統計的な数値より一律x1.6倍としています。
価格帯
該当CPUが搭載されたデスクトップパソコンの最低価格と最高価格です。
搭載するGPUや、ストレージ(HDD,SSD)の構成によって価格は大きく変動します。
掲載件数
該当CPUが搭載されたデスクトップパソコンの掲載件数です。
掲載件数が多いほど各BTOメーカーが力を入れている人気モデル・スタンダードモデルになります。
デイリー人気ランキング
直近アクセス増加中
他ユーザーも注目のモデルは?
週間ランキングはこちら ≫
スマートフォンでも
PC検索.jpをチェック